コンタクト人生

27 6月 2014

小学校6年生からずっとコンタクトを使用しています。かれこれ約20年の使用暦です。
コンタクトにして良かったと思うのは、私はどの眼鏡も劇的に似合わないのでコンタクトがあって本当に良かったと思ってます。
眼鏡の人生だったら、もう少し暗い性格になっていたような気がします。
コンタクトがあったからこそ、運動も思い切り出来たし、明るい性格でいられたと思います。
あとはど近眼なので眼鏡だとアイメイクが出来ません。マスカラやアイライナーなんかは、コンタクトなしでは全然違う場所に書いていたりします。
そして最近出産して思ったことは、育児は下を向いていることが多いです。
おむつ替え、赤ちゃんをあやす時、授乳の時。全て下を向いているのですが、産後しばらく眼鏡で過ごしていたとき
下を向くたびに眼鏡がズルズルと下がってきて、本当にストレスになりました。
その時の眼鏡のネジが緩んでいたのですが、修理にも行けなかったので…。
退院してコンタクトを装着しての育児は、それだけですごくラクでした。
自分の目のように使えるコンタクトは私の人生では必須アイテムです。

最近はAKBメンバがモデルをつとめるカラーコンタクトが
続々発売されていますね。目元だけでもまねたいなぁ。。
ぱるるのカラコン

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

小学生の時にテレビゲームにはまり、それからずっと視力が下がり続け、高校生までメガネをかけた生活でした。
視力は成長期に悪くしたことも影響してか、どんどん下がり、かなり分厚いレンズのものを使用しなくてはならないくらいになっていました。
もともと引っ込み思案で人見知りな性格から、メガネをかけた暗い子どもでした。
その所為か、いじめのようなことを受けることもあり、余計うじうじした嫌な子供時代でした。
(今でこそオシャレなメガネが増えて、メガネのイメージも良くなりましたが、当時のメガネは本当に性格の暗さが強調されるようなものでした。)

高校生の頃にアルバイトしたお金でコンタクトレンズにしたことがきっかけで、文字通り視界が開けたというか、性格的にも徐々に明るくなっていきました。
その結果、友達も増え、楽しい毎日が送れるようになりました。自信も持てるようになりました。
もっと早くコンタクトにして楽しい中学時代を過せばよかったかも…と少し思うこともあります。
これからもコンタクトを使って楽しい毎日になるよう過ごしていきたいと思います。

芸能人みたいにかわいいカラコンもしてみたいです。
小嶋陽菜のカラーコンタクト

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

私はお恥ずかしながら鼻が低いです。 メガネだった時はよくメガネがずり落ちてきて、いつもメガネの真ん中の部分をあげています。 しかしコンタクトにするとそんなストレスから解放されました。 はじめのうちは、メガネをしてないのにあげてしまうこともあったりしましたが、最近ではなくなりました。 あとフレームやツルがないのもいいですね。 メガネをかけているとどうしても耳の部分や目に入ってくると不快感がありませんか。 何だかメガネの方が集中力がなくなります。 しかし、コンタクトだと邪魔なものが何もないので集中できる気がします。 もちろんゴミが入ってしまったり、乾いてくると痛くなりますが、メガネのストレスよりはましだと思います。 メガネをかけている自分も好きではないのでそういう意味でもストレスから解放され、本当の自分になったような気分になれます。 このようにコンタクトにすると、身体的にも精神的にも開放されるような気がするのでコンタクトにしてよかったです。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·